【ブログネタを探す・見つける・考える方法】

みんさんこんにちはフジタ@fujita_bloggerです。

今回はブログネタについてお話ししようと思います。
ブログを書こうと思っても

「書くネタどうしようかな」

「ネタが見つからない・・・」
と考えてしまい困ってしまった経験はないでしょうか?

私も実はありますよ。
ではどうすれば困らなくなるか紹介します。

【自分をブログネタにする】

ブログを書くにあたって、ブログネタを集めなければいけませんね。

簡単に集めやすいのは、自分の人生経験や知識、技術などをネタにすることです。

自分がすでに知っていることをブログネタにします。

これならばネタもでき、記事文章もすぐに書けますよね。

【体験をネタにする】

自分が体験したといっても、誰もが体験するような日常的なネタはアウトなので書かないようにしましょう。

なぜかと言いますと、日記記事は読者にとって役に立たないことばかりか、記事の中でも面白くないからです。つまり需要がありません。誰も読まない記事には価値が殆どありませんよね。

ですが、有名人などの場合は話が違います。
ブランドとしての価値があるからです。

もし日常記事を書くのであれば、多くの人が経験したことのないような体験記事などがいいと思います。
珍しいことや失敗体験とかですかね。

一般人であっても体験に希少価値があれば問題ないです。
面白いので。

【成功や失敗をネタにする】

需要のあるものでしたら、成功・失敗談がいいと思います。

例えば

  • ダイエットに成功した話・失敗した話
  • 〇〇したら受験に合格・不合格
  • 〇〇商品のメリット・デメリット

などです。

これらなら多くの方にとても参考になる内容ですよね。

【住んでる場所をネタにする】

今自分が住んでいる場所をネタにしてみましょう。

これなら案外簡単に書けるのではないでしょうか?
私の場合ですと、静岡県の西部地区に住んでいるので、静岡県の事ならば他県の方達よりも

詳しく多くの情報を持っていることになります。

このことをブログネタとして使用します。

自分の住んでいるところならば、いやでもいろんな地元情報が入ってきます。
それを利用すれば簡単に書けますよね。

自分の住んでいる場所をネタにしたら、今度は特産品やグルメなどを紹介するのはいいかもしれません。
こういうネタは一定の需要があるので資産価値のある記事になると思います。

【知識をネタにする】

自分の持っている知識がみなさんあると思います。仕事や趣味などの知識ですね。

それをネタにしましょう。

その知識を手引きネタとしてアウトプットします。

仕事や趣味などといった知識をネタとした記事は、作成するのに非常に手間が掛かりますが、それを求めている人が非常に沢山いると思います。

特にあまり一般的ではない仕事や趣味の場合は特にネタとしての価値が高いと思いますので、今後に活きると思われます。

注意事項としては仕事をネタにする場合、企業秘密なことなどは大変まずいのでネットに掲載しても大丈夫な範囲で書きましょう。わからない場合には会社に聞いてくださいね。

【テレビ・新聞・メディアからネタを探す】

テレビや新聞といった近くにあるものからネタを探します。

沢山あるので迷いますよね、私もそうです。

テレビですとドラマ、芸能、スポーツ、ニュース
新聞ですとローカルな話題や行事ですかね。

ちなみにネタを探して記事を書くときに、気をつけなければいけないことがあります。

それは情報の横流し

パクリ記事というのですね。これは独自性がありませんし、著作権にも引っ掛かるのでやめましょう。

引用を少しばかり利用するのであればいいですが、大半が引用ですと盗用行為にあたりますのでご注意ください。

SNS・インターネットでネタ探し】

もっとも定番のネタ探しが、インターネットやSNSですね。

情報も豊富でさらに最新の情報が沢山あります。いいネタが転がってますよね。

最新のことを情報発信したいブログでは必須な情報源場所です。

ですが、ネタを書く場合スピードが大事です。さらにメディアの情報は競合性が高いのでGoogle検索での上位を狙う場合は難しいと思われます。

早く書けて、アウトプットできれば優位に立てますけどね。

あとは一時的な情報が多いので資産記事にはならないことが多いです。

【映画や書籍をネタにする】

これら作品をネタとして活用しましょう。

記事として書く場合は書評やレビューや感想になると思いますが、小学生が書くような感想文だけは避けましょう。

【まとめ】

いかがでしたか?

探してみるとネタってほんとどこにでもありますよね。
みなさんも以上のことを参考にネタ探しをしてみてください。

きっといいネタが見つかりますよ!

以上です。