【アドセンス広告のクリック単価について】

広告

こんにちはフジタです。

ブロガーさんの多くが利用しているGoogleアドセンスですが、広告の単価について気になりませんか?

私は気になります!

そこで私はアドセンスのクリック単価等について今回調べたので、皆さんに知ってもらおうということで記事を書きました。

ぜひみてください。

【そもそもGoogle AdSenseとは?】

はてな

ブロガーの皆さんはご存知だと思いますが、そもそもGoogle AdSenseとは何なのかわからない方もいると思うので、改めてご説明します。

Google AdSenseというのはGoogle社が提供をしている広告配信サービスで、これをサイトを運営しているユーザーや会社がWEBサイトに掲載することで収益を得ることができるようになるというものです。

この広告配信サービスを利用すれば個人の方の場合、ブログの広告収益だけで生計を立てることが可能になったりします。

企業の場合ですと、経営する為に掛かる運営費に充てることができますね。

このサービスのおかげで、多くの企業や個人が自分のサイトを「広告メディア」として活用できるのです。

さらに掲載する広告は自分で選ばなくてもいいんです。

なぜかと言いますと、Google側が自身のサイトの内容にあった広告を自動で表示したり、訪問者の興味関心がある広告を自動で選んで表示してくれるからです。

例えば、自動車関連の記事を掲載されている場合だと車やアクセサリー用品関連などの広告が自動的に表示されます。報酬ですが、掲載されている広告がクリックされると収益が発生する仕組みとなっています。

このようにGoogle AdSenseを活用し、サイト運営して広告掲載をしているだけで収益を得ることができるんですね。まぁ実際やるとわかりますが、なかなか収益が発生しないのが現実です。

このGoogle AdSenseは、無料で誰でも利用することが可能でなのですが利用するにはGoogle AdSenseの審査合格しなくてはなりません。

審査合格すれば、サイトに広告掲載ができるようになります。

詳しくは私が審査合格した時の記事のあるので、そちらをご覧ください。

【Google AdSense】審査が通らない?私が5記事で合格した話[part1]

さて、話を戻しましょう。

【1クリックの平均単価は?】

お金

平均単価ですが、1クリックあたり30円だそうです。

思った以上に低い・・・。でもアフェリエイトの1クリックよりは断然高いですよね。

当然私も平均すればそんなものです(笑

いや、もしかすると10円とかかも・・・(泣

平均単価ではないのですが、私が調べたところ1クリックで3000円を叩きだした人もいる模様。

すごいですね。

ではなぜクリック単価にバラつきがあるのでしょうか?

それではGoogle先生に聞いてみましょう。

クリック単価はサイト運営者様のコントロールの及ばない要素であり、広告主様の意識の変化にも影響を受けるため、一度下がり始めると、上昇へと方向転換するのは容易なことではありません。

クリック単価を引き上げるためにサイト運営者様が現状でできるベストの対策としては、ユーザーを引き付ける魅力的なオリジナル コンテンツをウェブサイトで質量ともに充実させることです。

コンテンツの増強によりトラフィックを増やすことができれば、ターゲットを絞り込んだ関連性の高い広告の掲載機会が増えるはずです。

その結果、ウェブサイトでのコンバージョン率が高まれば、広告の掲載先としての価値が高まり、クリック単価の上昇を見込めます。

引用:グーグルアドセンスヘルプより

まとめると

  • 単価はサイト運営者が狙ってあげることはできない
  • クリック単価はサイトのユーザー訪問数が関係している
  • サイトから物が売れれば広告に価値が出てくるから単価も上がる

 

要するに沢山の人にサイトに訪問してもらって広告を宣伝してくれれば、広告単価も上がりますよ。

ということですよね。

【単価を上げるなら訪問者と広告が合う記事内容にする】

記事内容です

うーん、難しそうですよね。

まぁ例えるのでしたら

「お盆休みに旅行に行くなら、バスが良い3つの理由」のような記事を書くとしましょう。

この記事にアクセスしてくる訪問者って

お盆休みに旅行に行こうと考えている
バスに興味がある

といった方達ですよね。

この訪問者に、お盆休みにバス利用が便利であるメリットを教えてあげて、その記事内の広告がバス関係の広告だったらその広告をクリックして、バスを利用する可能性も高いですよね。

何かを利用・購入するといった記事ならば単価も高くなりやすいということですね。

ですがこれが、「お盆休みに実家に帰るか帰らないか迷う貴方へ」という記事だったら

アクセスしてくる訪問者は

実家に戻るか戻らないか
それとも今いるところで過ごすか

という方達ですよね。

そのユーザーに対してバスの広告があってもクリックはするかもしれませんが、最初の記事に比べたらクリック率は下がると思いませんか?

訪問者は確かに帰るかどうするか悩んでいるけれど、バスを使って帰省するとは限らないわけですからね。

となると広告のクリック率は下がるし、その後にバスを利用する人がいるかどうかもわからないわけですし。

つまり広告単価のことを考えるのであれば、訪問者が求めているものを考え集客者を絞り、何を利用・購入するかということを考えることが必要になってきます。

それじゃ特化ブログにするのが良いのではないか?
と思われますよね。

ですが、特化ブログだからといって単価が高いとは限らないそうです。
それどういうことかと言いますと、集まるユーザーが学生だった場合です。

大学生ならまだ良いかもしれませんが、これが小学生や中学生だったら基本的にお金は持っていませんよね。

アクセスはあるのだけれど広告がクリックされなかったり、広告先で商品を購入しないということが多くなります。そうなるとクリック単価も下がってしまうのです。

サイトに集客するユーザーと広告がいくらマッチしてもこのような場合だと、いくら特化サイトでもクリック単価が低くなってしまいます。

【時期によってもクリック単価が違う】

違う

実は時期によってのクリック単価が違うそうですよ。

グーグルの公式ではこんなことが記載されていました。

 

クリック単価はマーケットの影響を受け、キーワードに入札する広告主や広告主が支払ってもよいと考える金額など、さまざまな要因によって決まります。

マーケティング担当者が予算を振り分ける各四半期の前半には、クリック単価が低下する可能性があります。クリック単価の変化を確認する際は、レポートの期間を 1 年以上に指定することをおすすめします。

 

引用:グーグルアドセンスヘルプより

なるほどなるほど

つまりは、各四半期の前半である4月、7月、10月、1月はあまり予算を付けないかもしれないからクリック単価が下がることがあるで~」

だそうです。

確かに多くの企業の3月は1年の締めの時期で、少しでも売り上げを伸ばしたいということになりますよね。

噂によると、3月はアドセンス 単価が上がっているといった声が多いみたいですよ。

どうやら12月も高くなりやすいそうです。

理由としては物が売れやすい時期だから必然と広告単価も高くなるという。

あとは6月と9月は、極端に単価が高くなるといったことはあまりないみたいですね。

このことからクリック単価というのは、お金を払う側の都合によって左右されると言う事がわかりましたね。

企業側でない人にとってはあまり関係のない事ですが、一応時期によって単価が違うと言うことを覚えておくと良いかもしれません。

【雑記ブログの方が注意する事】

注意

それじゃ、記事を書くときに商品があるのを書けばいいんだな。

と思った方はちょっと待ってください。

特に雑記ブログの方

なぜかと言いますと、単価のことだけを考えてブログを運営した場合、雑記ブログとしてのメリットが失われてしまうかもしれないからです。

なぜかと言いますと、単価のことばかり意識した記事だと、あまりアクセスがない記事になってしまう事があり、さらに記事のネタの限られてしまいますよね。

そうすると雑記ブログではなく、それは特化型のアフィリエイトサイトになってしまいます。それなら初めから特化型のアフィリエイトにしたり、アフェリエイトのリンクを貼り付けした方がいいです。

【まとめ】

このことから、単価の高い広告というのは、広告費を払う側が儲ける広告は単価が高いという事がわかりました。

さらにユーザーが広告をクリックして、広告先で商品等を購入してもらえる事が多ければ多いほどアドセンス の単価が高くなるという事ですね。

かといって雑記ブログで単価上げを意識し過ぎるのも問題なので、余裕があるときに高単価狙いで記事を書くのも良いかのしれませんね。

以上です。