【パンまつり】やってはいけないパンのシール泥棒

こんにちはフジタです。

みなさんはパン食べてますか?

パンといえばヤマザキが有名ですよね。そのヤマザキパンのシールを集めるとお皿が貰える「春のパン祭り」がありますが、シールだけ剥がす客がいるみたいですね。

ではなぜやってはいけないのか。

売り物にならなくなる

スーパーで働いている人によると、ヤマザキ春のパンまつりのシール1枚ないだけで売り物にならないとのこと。当然売り物にならなくなったパンは廃棄しなくてはならないので、すごく勿体ないですね。

更にこのシールだけをとっていくお客さんが沢山いて困っているそうです。

心当たりがある人、マジでやめましょう。

どうやらこのことはTwitterでもバズったみたいですね。

廃棄処分をしないといけない

上記でも書きましたが、売れない物はお店側としては廃棄しなくてななりません。当然賞味期限がまだもつ物であってもです。そう考えると本当に勿体ないですよね。

どうせならば、半額にしてでも売れば良いと思いますが、なぜしないのかが疑問。

「シールを盗まれてしまい可哀想なパン達を助けてあげてください!」

みたいなPOP作って売ればいいのに・・・

ヤマザキの対応は

このシール剥がし問題に対してヤマザキ側の対応は、販売店側から連絡をいただければ、新しいシールをお届けする対応をしていますとのことです。

ですが、この様な対応をしてもなお廃棄処分になるケースがある様。消費期限や貼り直す手間などが原因ですね。

弁護士の意見

今回の様なシール剥がし行為でも、に問われる可能性があるそうです。

理由はお皿と交換できる価値がシールにはあるので、窃盗罪にあたるとのこと。買い物目的ではなく、シール剥がしを目的でお店に入った場合は、建造物侵入の問われる可能性もあるみたいですね。

まとめ

確かにパンを買ってシールを集めるのは大変です。ですが、シールだけを取るという行為自体がやってはいけないことだと考えなくてもわかると思うのですが・・・

そういう人が増えているということは大変残念に思います。

犯罪者になりたくない人は、絶対にこの様な行為はしない様にしてくださいね。