【カルロス・ゴーン釈放!】そもそもなぜ逮捕されたのか?

釈放じゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

みなさんこんにちはフジタです。

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン氏が釈放されましたね。

でもなんで逮捕されたかよくわかっていない方もいるのでは?
今回はそんな方への記事となっています。

そもそもカルロス・ゴーン氏はなぜ逮捕されたか

金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)を行なったために逮捕されました。

ゴーン氏は長期に渡って報酬額を実際の金額よりも、少額にして報告書に記載をしていたという疑いがありました。

理由としては、税金(所得税)を安く抑えるためですね。

まぁ、日本の税金は世界から見たらそこまで高くなないですけど、それなりに取られますかられね。私だって払いたくないですよ。

ちなみにいくら見積もりしたかですが、およそ50億円分だそうです。ということは約15億円程の脱税したことになりますね。

「いや〜すごい額ですね。一割でもいいから分けて欲しい(願い」

で、この虚偽記載のことを金融商品取引法違反と言いうそうです。

なぜばれたか?

この行為がなぜばれたかというと、みなさんも大体予想がつくと思います。
そうです、「内部告発」というやつですね!

その内容ですが、ゴーン会長とグレック・ケリー代表取締役が報酬額の過少申告をしているということでした。

この告発があったので日産は内部で社内調査をし、事実であることがわかったので世間に公表したというわけです。

どうやらゴーン氏の報酬内容は複雑だそうで、さらに相当な権力を持っているみたいですね。叩けば埃が沢山出てきそうですw

そうそう、もう一人忘れていましたがグレッグ・ケリー代表取締役も片棒をかついだということで同じく「金融商品取引法違反」で捕まりました。

追記
ゴーン氏の実際の金銭報酬は99億9800万。それを49億8700万と記載していたそうです。

それにしても多額な金額ですねぇ。本当、1割でもいいからくry

お金は何に使われていたのか?

ところで、ゴーン氏が何にお金を使っていたのか気になりませんか?
実際に何に使われていたのか見てみましょう。

・正当な理由がないのに世界4カ国で関係会社側から住宅提供を受けていた

・住宅保有する関係会社には購入・改築費用などが会社から支払われていたが、ゴーン氏は一部支払いをしていなかった。

・住宅提供を受けていることの報告記載がなかった

などだそうです。この事からゴーン氏の不正は住宅周りで起きていたことになります。

今はどうなっている?

拘留中はさておき、現在はどの様な状況になっているかですが、2019年3月6日に釈放されました。

釈放時の姿は作業服で、SUZUKIの軽ワゴン車で去ったそうです。

日産車じゃないんかい!どうせならGT-Rで去って欲しかったな。
え?だってかっこいいじゃないですか!
周りにもかなりのインパクト与えるでしょ?(笑)

ちなみに保釈条件ですが

・都内に居住

・住宅に監視カメラ設置・パソコン操作は弁護士事務所限定

・携帯電話のインターネット制限

・パスポートは弁護士が管理

・事件関係者への接触は禁止

上記の条件で保釈されたそうです。

まとめ

この事から私が思う事ですが、日本人は舐められてますね。
もっと組織自体も厳しくなくてはならないし、そもそもなぜ日本企業のトップを外国人にするのか。日本の企業なら日本人がトップをやればいい。と思います。

まぁ大人の事情というのがあると思いますが、そんな事で海外勢の言いなりになっていては、日本企業は海外勢に乗っ取られてしまいますね。

現状そうだと思いますけど。

これから日本はどうなってしまうのでしょうかね・・・