会社に出戻りをした話とメリットとデメリット

オフィス街を歩く人達

こんにちは、こんばんは、ふじたです。

みなさんは会社を一度やめてから、前にいた会社に出戻りをした経験はありますか?

出戻りをする理由は様々あると思います。

居心地が良かった、人間関係が良かった、親しみがあるからなど。

さらに最近では出戻り社員が増えているとか。人手不足などが後押しをしているのでしょう。

ということで今回は、私が会社に出戻りをした話とメリットやデメリットを紹介します。

会社を退職した理由

まず始めに私が会社を退職した理由ですが、自分のやりたいことに挑戦をして、人生を振り返った時に後悔をしたくがないために会社を退職しました。

何かに挑戦するのには年齢は関係はないですが、やってみたいことや、挑戦してみたいことがあるならば、若いうちにやった方がいいのは間違いないと思います。

人はいつどこで死ぬかもわからないし、どうなるのかもわかりません。もしかしたら明日死んでしまうかもしれません。

やりたいことをやってなかった場合、死ぬ間際に〇〇しておけば良かったな~と後悔することでしょう。

一度きりの人生ですし、どうせなら後悔をしない人生にしたいと思っています。

出戻り社員とは?

出戻り社員がなんなのかわからない人もいると思うのでご説明しましょう。

出戻り社員とは、退職した会社にもう一度就職して社員として働くことです。

ブーメラン社員とも言われます。

これが出戻り社員です。

現在日本の企業、特に中小企業は人手不足に陥っているところがけっこうあります。そう考えると、これからは出戻り社員の人数が増加するのではないかと思います。

会社を嫌でやめて転職したけど、転職先よりも前の会社の方がよかったという人や、何かしらの理由で退職した人は働くことのできる状況になれば、また慣れた会社で働きたいとも考えるでしょう。

出戻りのメリットは?

では出戻りをしたときのメリットにはどんなことがあるのでしょうか?

即戦力になる

まずは即戦力になれることです。

仕事のやり方や内容がある程度わかっているので、出戻り初日から即戦力として職場で働けます。

これは自分にとっても雇う側にとっても良いことです。

気持ちが楽

普通の転職では全く知らない業種や会社に行くこととなるので、誰も知らない何もわからない中に放り込まれます。

なので、緊張したりうまく馴染めなかったりなどといったことがあります。

ですが、元にいた会社に出戻りをする場合は、多くの方が顔馴染みであったりするので、緊張したり馴染めないといったことがないと思います。

出戻りするまでの期間が長かったりする場合は知らない社員などがいる可能性がありますが、期間が短ければ以前自分がいた時とさほど変わらないでしょう。

採用されやすい

新卒や中途での就職活動をしたことがある人の中には、内定を貰うまでに苦労人もいるはずです。

出戻りの場合では、以前在籍していたときの経験や実績のことを理解しているので、苦労をすることがなくあっさりと内定をもらえることがあります。

私の場合では、履歴書も面接もなく電話での会談のみで済みました。

喰い違いが少ない

入社したら求人内容と違ったということが入社してからわかることもあると思います。

それもそのはず、悪い面は求人に載せませんからね。

そのため本人側と会社側の喰い違いが発生することがあるのです。

ですが出戻りでしたら、いい部分と悪い部分を理解しているので喰い違うということがほぼないといっていいでしょう。

デメリットは?

メリットがあれば当然ですがデメリットもあります。

ではデメリットは何があるのかを見てみましょう。

雇用条件が以前と同じとは限らない

会社にもよりますが「出戻りの場合だと役職を下げての採用や給与面が下げられるといった悪い条件での雇用となることがあります。

もし戻る際には、雇用条件がどうなるのかを確認してから判断した方が良いです。

ルールや経営方針が変わっていることがある

出戻りしたときに、在籍していたとき会社のルールや経営方針が変わっていることがあります。

会社を離れていた期間が長いほどそのような状況になることがありますので注意しましょう。

もし知り合いが会社にいるようならば、どうなっているのかを聞くといいかもしれませんね。

部下との立場が逆転することもある

長い期間会社を離れていると、当時部下だった人が自分よりも上の役職になっているということもあります。

その部下と仲がよかったならば、メリットになるかもしれませんが、そうではない場合ではイジメやパワハラに合うといった可能性もあります。

採用されるとは限らない

確かに普通に入社するよりは採用されやすいですが、採用されるとは限りません。

出戻りを歓迎している会社も多いですが、反対に受け入れないといった会社もあります。

まとめ

以上「会社に出戻りをした話」でした。

実際に出戻りをした私としては、仕会社にいる従業員が顔馴染みだったので精神的にはすごく楽でしたし、仕事も以前と変わらずでしたので、始めから覚えるということもありませんでした。

会社により条件が違いますので、出戻りする際はよく考えてからにしてくださいね。