異世界転生?いえ、輪廻転生です

悟りと階段

こんにちは、こんばんは、ふじたです。

みなさんはアニメを見ますか?

もし見る人でしたらご存知だと思いますが、最近のアニメでは異世界転生作品が人気ですよね。

私も異世界転生ものが好きです。

ちなみに私はこのすば、Re.ゼロ、オーバーロード、幼女戦記などの作品が好みです。

時々思うのですよ「異世界転生したいなぁ」とか。

みなさんもそう思いませんか?

でも実際に異世界転生はありえるかもしれません。

ところで異世界転生に似たことがありますが知っていますか?

そう、輪廻転生です。

ということで今回は、輪廻転生について見ていきましょう。

輪廻転生とは?

もし生まれ変われるのであれば、みなさんは何になりたいと考えていますか?

鳥になって空を飛びたい!

大金持ちにの家に生まれたい!

貴族になりたい!

などなどあると思います。

輪廻転生というのは、一度で死んだ者達が生まれ変わって新たな人生繰り返しやり直すことを言います。

苦労しないで幸せな人生を送れるのであれば、そうなりたいですよね。

ですが、そう上手くいかないのが人生ですし苦労しませんね(泣

私たちが生まれ変わる場合に、何が考慮されるのかと言いますと、日々の生き方で次の生まれ先が決まるようです。

生まれ変わる先は6カ所あり、これを六道と言います。

六道一覧

天道

人間よりも優れている天人が住んでいるところで、苦しみを感じることがほとんどなく、寿命が長いと言われています。さらに享楽だとか。ですが、煩悩から脱却できていなく仏教に出会うこともないので、解脱もできないそうです。

人間道

これは我々人間が生きている世界です。

苦しみや悩みなどの四苦八苦が大きい世界ですが、それなりの楽しみもあるとされています。この世界では唯一自力で仏教に出会うことができる世界とされ、解脱して仏となりうる救いもあるそうです。

修羅道

修羅道というのは、仏教の守護神で闘争的な神阿修羅が住まう世界です。絶えず争いや苦しみや怒りに溢れ、欲望を抑えることができない世界ではありますが、地獄のようなところではありません。

畜生道

その名の通り牛・豚・馬などの畜生の弱肉強食世界なので、互いに殺傷し続け合います。仏の教えを得ることがなく救いの少ない所だとされています。

餓鬼道

食べ物を口に入れようとすると火となってしまい、飢えと渇きに悩み苦しめられのが餓鬼の世界

他人を慮らなかったので餓鬼になってしまったとも言われています。

地獄道

六道において最も苦しいとされているこの世界では、罪を償わせるために様々な苦しみを受けることになります。地下の世界とも言われます。

次に生まれ変わる世界は業で決まる

さて、私たちが亡くなったら輪廻転生をする訳ですが、行き先がどうやって決められるのかが気になりますよね。

行き先の決め手となるのが引業です。

「業」は行い「引」は報いの全てを牽引すること。

ようするに死んだ後にどの六道の世界に生まれるのかを決める行いのことです。

地獄の閻魔大王が死後の世界を決めるというのがありますが、これは引業をたとえたものとなります。

この引業で次に生まれる世界が決まったら、次の世界での姿形や性別などの生まれる時の状況が決まります。

科学から見た輪廻転生

では科学的なことから見た場合に、輪廻転生はどう考えられているのか。

脳科学の研究では心と脳は別物と考えられており、強迫性障害治療の世界的権威であるジェフリー・M・シュウォーツ博士によると脳が心に影響しているのではなく、心が脳に影響を与えているとのこと。

2017年頃には量子論で実在することが明らかとなりました。

記事はこちらです。

https://tocana.jp/2017/02/post_12259_entry.html

内容としては、肉体と意識は別物で意識は量子レベルのエネルギーなので死んで肉体がなくなったとしても残り、次の器に移るそうです。

人間に生まれるためには五戒の戒律を守る

転生するならまた人間がいいという人もいるでしょう。

ではまた人間として生まれるためにはどうすればいいでしょうか?

人間に再度転生するためには五戒という戒律を守る必要があります。

五戒とは?

  • 不殺生(ふせっしょう)
  • 不偸盗(ふちゅうとう)
  • 邪淫(ふじゃいん)
  • 不妄語(ふもうご)
  • 不飲酒(ふおんじゅ)

のことを言います。

これらを守り人生を送ることはなかなか難しいので、ほとんどの人は地獄に落ちるとされています。

輪廻転生から脱出するには?

天道以外はどの世界に行っても辛いことばかりです。だったらこの輪廻転生から脱出すればいいのでは?

と考えますね。

ではどうすればいいかですが、根本原因をなくせばいいのです。

そうすると永遠に幸福になるとされています。

そして仏教にはこの根本原因が説かれています。

人身受け難し、今已に受く。仏法聞き難し、今已に聞く。この身今生に向かって度せずんば、さらにいずれの生に向かってか、この身を度せん(釈尊)

と説かれているのです。

生まれがたい人間に生まれ、聞きがたい仏法にめぐりあえた今生に、迷いの解決をしなければ、いつするというのであろうか、永遠のチャンスは今しかないということになります。

まとめ

以上「異世界転生?いえ、輪廻転生です」でした。

生き物は生まれて、死んでの繰り返しです。ですがこの輪廻転生から抜け出すことができれは永遠の幸福を手に入れることができます。

人間に生まれたというのはとても運が良かったことですので、もし人生に迷ったら宗教に身を寄せてみるのも有りかもしれませんね。