老後破産になる原因6選

お年寄りと仲間達

こんにちは、こんばんは、ふじたです。

最近の日本では「老後破産」という言葉を耳にするようになりましたが、実は日本に限られたことではない模様・・・。

どうやらアメリカでも老後破産する人たちが増加しているそうで、その割合は1991年以来、世代によってですが200%~300%の増加だそうです。

定年するまで一生懸命に仕事をしてお金を貯めて、老後はのんびりと生活をしよう。

と考えていたけれど、その夢は叶わずという人が増えています。

ではそのようになってしまう原因はなんなのでしょうか?

今回はアメリカの例を参考にしつつ、老後破産しないためにどうしたらいいのかを考え、原因はどこにあるのかを見てみましょう。

収入の減少

下を向きの矢印

昔に比べると、最近の日本人の収入は減少傾向にありますが、これはアメリカでも同じです。

定年になると仕事を引退するのが当然ですので、今までのような収入が見込めなくなります。

定年後も仕事をするのであれば話は違いますが、そうでない場合は収入源は年金のみとなります。

なので、老後も仕事をしていた時と同じような生活を送った場合は赤字になってしまうので、そうならないように支出の見直しが必要となります。

年金支給年齢の上昇

上昇グラフ

現在の日本での年金支給年齢は「65歳」となっていますが、将来的には今よりも支給年齢が引き上げられることが予想されます。

この支給年齢の引き上げですが、実はアメリカでも行われていたのです。

アメリカの場合ですと、1937年以前生まれは65歳からの支給なのですが、1960年以降生まれは67歳からの支給に引き上げられてしまったのです。

金銭的な援助

お札を持っている人

アメリカでは、子供の学生ローンの連帯保証人が親になっていることが多いそうで、高齢者も学生ローンを抱えていることもあるそうです。

これはアメリカだけに限られたことではなく、日本でも同じ状況になっている人が増加しています。

現状の日本で「子供の学生ローンが原因で老後破産をした」というのは聞いたことはないのですが子供が自立ができないのが原因で老後破産したというのは時々聞きます。

さらに8050問題という、中高年のひきこもりも増加し問題となっています。

まさか自分の子供を、老後の為に貯めたお金で支えなければならないと、考えてもいなかったでしょう。

現にそのようなケースに陥っている高齢者達が一定数いるのは事実です。

つまり、今後も自分と子供が一緒にいる場合は、将来的に同じことになる可能性も十分にありえるということです。

それと逆のケースも考えられ自分が親の老後の介護をしなくてはならないという問題もあります。

介護といっても人それぞれ度合が違うので、どのくらいのお金が掛かるのかはわかりませんし、金額によって老後資金も変動します。

このようなこともあるので、自分だけではなく親の介護分も含めて、貯蓄をしていかなくてはならないのです。

医療費が大幅に増える

上昇グラフ

年齢を重ねるうちに、身体のいたる部分に不調が出てくることが多いと思います。

それに伴い医療費も、若い時に比べると掛かるということです。

アメリカの場合だと、高齢者でも肥満の人の割合も多いので、健康リスクという点から言えることなのかもしれません。

ですが日本も昔と比べると食生活が欧米化して肥満な人が増加してるので、将来的にはアメリカと同じようなことになるのではないかと予想されます。

そうなると今以上に医療機関を利用するということが増えてくるでしょう。

さらに、長期入院するなどといったことになってしてしまった日には、それなりの資金が必要となるとともに、多くの資金を失うことになりかねません。

貯蓄や資産が不十分

小銭と計算機

NerdWalletの調査では、労働をしているベビーブーマーは収入の5%しか貯蓄に回せておらずいざという時のための備えはほとんどないと述べています。

これはちょっと問題だと私は思います。

収入の5%しか貯蓄をしていないって、それ以外は何にお金を使っているのでしょうかね?

このことから言えることは老後のことを考えて貯蓄をしていないということがわかります。

老後破産するのが当然と考えているのでしょうか・・・。

日本の場合だと、収入が低いという問題だったり、生活費が高いなどといったことにより、貯蓄に回せるお金が残らないということがあります。

もしそのような状況になっていないのであれば、老後破産をしないように貯金をする必要があります。

住宅ローン

大きな家

アメリカでは1989年~2016年で、住宅ローンを抱えている人の割合が2割近く増加したそうです。さらに定年を過ぎるにつれて住宅ローンを抱える人数が増えているとのこと。

住宅ローンについては、日本人の多くが抱えている問題ではないでしょうか。

家を一括で購入できる人は限られていますので、ほとんどの人がローンを組むことになります。

ローンの返済が老後の時点で完済していれば、問題はないと思いますが、そうではなかった場合にはこれが問題になることでしょう。

老後となると確実に収入が減少する人が大半なので、老後の時点では住宅ローンが残らないようにした方が無難です。

まとめ

老後は現役の時とちがって収入が減ったり、病になりやすくなったりと、様々なことが起こるリスクが増えます。

これらのリスクに備えて貯蓄が必要になるので、仕事などで得られた収入は、しっかりと管理する必要があります。

確かに若いうちは色々と楽しみたいから、たくさんのお金を使うと思います。

ですが、老後のことを考えないで浪費ばかりしていると困ることになり、待ち構えているのは「老後破産」です。

そうならないためにも、考えながら生活をしましょう。

以上です。

老後資金は2000万無くても大丈夫

老後資金「2000万不足」について