老後資金は2000万無くても大丈夫

どもども、ふじたです。

前回の記事では、老後資金は2000万円必要だと言いました。

老後資金「2000万不足」について

ですが、本当に2000万円以上ないと生活できないのでしょうか?

答えはNoです。

そしてこの問題は、それほどに恐れるものではないかと、私は思っているのです。

理由は、老後資金2000万円不足という話の中をよく見てみると、答えが見えてきます。

ということで今回は「老後資金2000万円なくても大丈夫」ということをみてみましょう。

収入に合わせた生活をすればよい

LIFEと書かれた木材

前回でも言いましたが、なぜ2000万円不足するのかですが、65歳から30年間生きると仮定した場合で、夫婦だけの世帯で1ヶ月の生活費が26万円掛かるのに対して、支給される年金額が21万円なので、毎月5万円不足するからとの金融庁からの発表があったからです。

計算式はこうなります。

5万円×12ヶ月×30年=1800万円なので、約2000万円ということです。

では生活費が26万円掛かると算出されましたが、これが全ての国民に当てはまるのか?

という疑問が出てきますし、生活費に26万円も掛ける必要があるのかと。

生活費が21万円しかないのであれば、そのお金でやりくりをすればいいわけです。

例えばです。

あなたが仕事をして給料を21万もらいました。

でも生活費が26万円掛かります。

5万円足りません。

こんな生活しようとしますか?

赤字にならないように考えて、お金のやりくりをしますよね。

だから、収入に合わせた生活をすれば問題ないというわけです。

5万円不足すると言っているのは、今までと同じような生活を維持する場合で考えているので、赤字になるということなのです。

あと働けるのであれば、仕事をして不足分を補えば問題ありません。

そう考えると2000万円不足というのが一人歩きをしたということにもなります。

お金がないからつまらないのか?

海を見ているパーカーの人

確かにお金というツールが沢山あれば、人生を豊かにできるしいろんなことができます。

ですが、お金がなくての楽しいことはたくさんあります。

学生時代を思い出してもらうとわかりやすいですが、学生の頃ってお金があまり無かった人がほとんどではないでしょうか?

そしてお金がなくても楽しかったのではないですか?

お金がないなら無いなりに、創意工夫をしてきたはずです。

学生の頃は働いたことがない、というのもあると思いますが、大人になり仕事をするようになると学生に戻りたいなぁと思う人も沢山いますよね。

そして、社会人として人生を送るうちに今度は、老後とお金のことについて考えるようになりますが、これは社会の仕組みやお金の持つ力の現実を知ってしまったからとともに「お金」というツールに縛られてしまうからです。

日本人の場合では、幸福感の中にお金が入っているので、お金がないと不幸・惨めだと感じてしまうそうです。

ですが、ある程度の年齢を過ぎると今度はお金以上に「時間が欲しい」と思うようになり、時間の大切さがわかるようになるのです。

そうなるとわかっているのであれば、どんな時でも、お金がなくても楽しい人生が送れるような心の余裕を持てる人になりたいですね。

「年金100年安心プラン」放棄の国に問題があること

 

さて、今回の2000万円不足の話ですが、国民にとってはかなりの衝撃的なことだったと思います。

なんせ国が「年金制度は限界である」と発表したわけですから当然です。

ではここで、過去のことを振り返って思い出してもらいたいことがあります。

それは、2004年当時の小泉内閣時代に出た「年金100年安心プラン」のことです。

このプランは一体どういうものだったかいうと。

・保険料は18,3%を上限に2017年まで段階的に引き上げ、それ以上保険料が上らないようにした

・もらえる年金はモデル世帯で現役世代の手取り収入の50%を確保

というもので100年後でも絶対大丈夫と発言していましたが、結局は2000万円不足します」だの「自助努力で資産運用との発言をして大問題となりました。

私が思うに、アベノミクスに問題があったと思いますね。

株運用するのに年金を使い、挙げ句の果てには損失したわけですから。

ちなみに今も資金投資は続いています。

ということは、現状のままではどんどん資金が減っていくということです。

このままでは、年金も減額されていくのではないでしょうか。

このようになった責任は国民のせいでもある

人混み

確かにこのような事態になってしまったのは政治の責任でもありますが、この自公政権を支持・選択したのは誰かといったら日本国民だからです。

主に選挙に行かないで放棄している人や、政治に興味ない人が沢山いることで、こうなってしまったのが原因でもあります。

つまり自業自得ということですね。

いまさらどうこういっても遅いですが。

だからこそ将来的に困らないように生活するためにはどうしたらいいか。

選挙に行って、国を豊かに良い方向に持っていける政権に投票する。

もしくは自分でお金を沢山稼ぐしかありません。

まとめ

老後にもらう年金でやりくりをして、赤字にならないようにする。

お金がなくても楽しめるような心を持つこと。

政治に興味を持ち、国や国民を豊かにしてくれる政権を支持する。

ということになります。

最後に一言。

選挙に行こう!

以上です。