【柿の葉茶】タンニンで下痢防止にも?お茶を飲むなら柿の葉茶がオススメです。

こんにちはフジタです。

みなさんは毎日飲んでいる飲み物は何ですか?
水?お茶?コーヒー?清涼飲料水?いろいろあると思います。

私ですか?
私は水かお茶ですかね。あと甘酒とかですね。

ところで柿の葉茶というお茶はご存知ですか?
私がよく飲んでるお茶なんですけど、今回はそのお茶についてお話ししようかと思います。

まず柿の葉茶とは何か?

お茶というと、緑茶・紅茶・烏龍茶・麦茶が思い浮かぶと思います。ですので、柿の葉茶ってなに?っとなる方が殆どだと思います。私もそうでした。

柿の葉茶というのは、読んで字の如く柿の葉っぱを使って作られたお茶です。そのままですね(笑)

このお茶にはビタミンCが豊富(レモンの20倍)に含まれており、さらに熱に強いという特徴があります。
野菜などのビタミンCは熱に弱く壊れやすいと言われていますよね?
ですがこの柿の葉茶は違うんです。他の特徴としては

  • 抗酸化作用が強い
  • ビタミンが豊富
  • 風邪予防になる
  • お風呂での入浴剤代わり
  • デトックス作用
  • アレルギーに効果あり
  • 妊婦さんでも飲める
  • ノン・カフェイン
  • 美肌効果
  • 高血圧予防・血管の保護
  • 免疫力の向上
  • タンニンの効果で下痢防止

などなど、沢山の効能や活用方があると言われています。

 

柿の葉茶に含まれている成分や栄養素

成分や栄養素ですが、ビタミンC・カテキン・タンニン・カリウム・カルシウム・亜鉛・鉄・ミネラルなどです。

特にビタミンCが豊富でレモンの20倍だと言われています。
さらに柿の葉茶のビタミンCはプロビタミンCと言われるもので、ビタミンCになる前のもので熱・加工に強いという特徴があります。

ですので、お湯を入れて飲んだ場合でも問題ありません。ですが、煮出すのはダメです!

 

副作用・注意すること

副作用はないと言われていますが、血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の患者さんなどは医師に相談のうえ、飲むようにしてください。

タンニンが含まれているので飲み過ぎたりすると、便秘貧血になる可能性があります。
適量でしたら、便秘解消に効果はあります。
便秘気味が酷い方は注意が必要です。

タンニンは鉄と結びつき、タンニン鉄にという物になり、水に溶けにくい性質になります。そのため鉄が吸収されるのを妨げてしまします。なので食前・食後の1時間は柿の葉茶を飲むのは控えましょう。

飲むときの注意点ですが、まずは飲み過ぎないで適量を飲むこと。1日にコップ二杯程(400ml)ぐらいが良いです。他のお茶(アルカリ性)を飲む時は1時間程空けて飲まないと、ビタミンCの効果が落ちてしまいます。

飲む時は一度にたくさん飲むのではなく、少しずつ飲むこと。ビタミンCは疲労やストレス、発汗、タバコで体内から減ります。ですので、一回あたり30ml程ずつ飲むのが理想でしょう。

お湯を入れるときのお湯の温度ですが、70度くらいが良いです。そうすることにより、風味豊かになりますし、タンニン抽出量が少なくなります。

 

まとめ

柿の葉茶は他のお茶と比べると、匂いや風味や旨味で劣るところがあります。ですが、その代わり成分や栄養素では負けません。

私的に体感できた効果ですが、美肌効果とデトックス作用です。
継続していくとわかりますが、飲んでいなっかたときに比べると肌のカサカサがましになり、デトックス作用については排尿による老廃物を排出する効果が高まりました。トイレ回数が増えたんですけどね(笑)

もし興味がある方がいましたら、ぜひ飲んでみてはいかがでしょうか。