駐車場で当て逃げされやすい場所は?

立体駐車場

こんにちは、フジタです。

みなさんは、車を当て逃げされた経験はありますか?

私は一度もありません。

買い物をした後や遊んだ後に駐車場に戻って、自分の車を見たときに心当たりのない傷があったら暗くなりますよね。テンションが下がりますよね。

当て逃げは犯罪行為であるため、その場で警察に連絡をするのが良いですが、当てられた被害者は泣き寝入りをすることがほとんどなのが現状です。

ということで、今回はどこに車を停めると当てられやすいのかを紹介しようと思います。

駐車をする隣の車の状態を確認する

下を覗く男性

みなさんは駐車場に車を停めるときに、隣の車の状態を確認をしますか?

見ないで停める人がほとんどだと思いますが、車の状態というのはその人の人なりを表しているのです。

例えば「水曜どうでしょう」のステッカーを貼ってあれば、バライティー番組好きか大泉洋のファンだということがわかりますし、痛車だったらアニメファンの人が乗っているということがわかりますよね。

その程度だったら問題はないのですが、車の外装が凹んだままだったり、手入れがされてなく汚かったり、傷がついたままの放置状態の車には注意が必要になります。

そのようなドライバーは「少しぶつけた程度なら問題はないだろう」と思う、いいかげんで大雑把な人の可能性があります。

あと初心者マークや高齢者マークが貼ってある車、レンタカーなどは、運転技術に難がある可能性もあるので、できる限り隣に停めるのは避けたほうがいいでしょう。

逆に綺麗に磨かれた車や高級車の隣なら、車を大切にしているドライバーの可能性が高いので、かなり安全だと言えます。

ですが逆に、あなたがぶつけないように気をつけてくださいね。

車と車の間の中央駐車を避ける

車が横に並んでいる様子

当たり前のことなのですが、駐車をするときに車と車に挟まれた状態で駐車をするよりも、駐車場の端に駐車する方が、横に停める車が1台なので、当てられるリスクが単純に50%になります。

なので、壁際の端や柱の隣に駐車ができるのであれば、そこに車を停めましょう。

それと、ショッピングセンターなどの出入り口付近に駐車するのは避けた方がいいです。

確かに出入り口付近というのは当て逃げされても、目撃者が多くいることがあるので良いかと思われがちですが、逆に多くの人が買い物袋をぶら下げて、あなたの車の横を通るということなのですり抜けをする際、車に接触する可能性があるということになります。

特に子供ずれの多いショッピングモールなどの出入り口付近は、停めない方がいいです。

もし誰かに傷をつけられた場合、ほぼ犯人を見つけることはできないので、できる限りお店の出入り口付近には車を停めないようにしましょう。

輪留めの無い駐車場は危険

輪留めの無い駐車場

駐車場でも輪留めが無い駐車場ってありますよね。

バックモニターが付いている車ならいいですが、そうではない場合このような駐車場は駐車をする際にどこまで下がっていいのかがわかりにくいので危険です。

またバックで停められる余裕がある駐車場に、前から停めたりしている車やまっすぐではなく斜め駐車している車の隣も危険だと言えます。

このような停めたら当てられる可能性があるなと感じた所に停めるのを避けることで、当て逃げされる確率を下げることができます。

まとめ

以上の3つを守り駐車をする場所に気をつければ、当て逃げされるリスクを下げることが可能なのです。

上記でも言いましたが、当て逃げをされたら泣き寝入りになることがほとんどなので、ドライブレコーダーを取り付けて、停車中でも作動させておき、証拠を残すというのも1つの手ですよ。

以上です。