砂糖が脳に与える影響

こんにちはフジタ@fujita_bloggerです。

みなさんは甘いものが好きですか?

ほとんどの人は「Yes」と答えると思います。

では、クッキー・ケーキ・アイスクリームを思い浮かべてください。

想像をするだけで、食べたくなってきますね。

ではなぜ、多くの人は甘いものが好きなのでしょうか?  

そして脳内ではどんな事が起きているのか?

という事で今回は、砂糖が脳に与える影響とはなんなのかをみていきましょう。

ハートの砂糖

砂糖はいろいろな食べ物に含まれており、みなさんがよく購入をするものにも入っている事があります。

購入する食べ物の原材料のところを確認してみてください。

すると、砂糖・ブドウ糖・果糖・コーンシロップなど書いてあると思います。

砂糖はお菓子やデザートだけではなく、ヨーグルトやトマトソースなどにもふくまれています。

では、そんな砂糖が含まれている食品を食べるるとどうなるのでしょうか?

例えば、チョコレートなどを一口食べたとしましょう。すると中に含まれている砂糖が舌の上の味蕾(みらい)にある甘味受容体を活性化させます。

すると甘味受容体は脳幹に信号を送り、大脳皮質など脳の報酬系を活性化させます。

大脳皮質では、甘味・旨味・苦味・塩気などの異なる味覚の処理をしており、ケーキなどを食べたときに「美味しい!もっといっぱい食べたい!」という潜在的感情をコントロールしているのです。

この働きは食べ物だけではなく、性的な行為や薬物などでも発生します。

しかし、欲にまみれた生活をしていると不幸になる可能性があるので気をつけましょう。

例えば、欲望を抑えれなくなったり自制心を失ったり、あと砂糖への耐性が高まったりします。

さて話を戻しますが、砂糖の入った食べ物を食べてそれが胃を通過して腸に達したらどうなると思いますか?

インスリンが増えて、快楽や喜びを感じるドーパミンの分泌量が増えます。

なぜかと言いますと、腸にも「甘味受容体」があるからです。

お酒やタバコや薬物では、ドーパミンを過剰分泌させて中毒状態になるように誘導されます。

確かに砂糖の場合でもドーパミンが分泌されますが、薬物のように激しい分泌がされるわけではありません。

あと砂糖のようにドーパミンを誘発する食品はなのです。

例えば野菜などを食べても、ドーパミンを分泌させることはできないのです。

子供が野菜よりお菓子を欲しがるのは、これが原因です。

また、空腹の状態の時にバランスの良い食事をすることで、多くの糖分を摂取しなくてもドーパミンの分泌量が向上します。

しかし毎日同じ食事をした場合には、ドーパミンの分泌量が低下し、少しずつ減少していきます。

つまり飽きてしまうということです。

では、甘いお菓子やデザートなどを毎日食べ続けた場合はどうなるのでしょうか?

砂糖の入ったお菓子を毎日食べた場合ですが、ドーパミンの分泌量は低下しないのです。

どういうことかというと、多くの砂糖を摂取する事で脳に報酬を与え続けることになるので、薬物と同じ作用をもたらすことになり「中毒状態」になるということです。

なので、摂取することをやめられなくなってしまうのです。

薬物と同じように耐性ができて満足をしてしまうと、さらに欲するようになってしまいます。

なので、頻繁に摂取することはあまりおすすめしません。

たまに摂取するのであれば問題はないです。

ですがそれが引き金となってさらに欲しくなってしまうことがあるので気をつけましょう。

まとめ

砂糖の大量摂取は「中毒状態」になる。

砂糖は薬物のような作用を引き起こす。

たまに摂取するくらいなら問題はない。

という感じです。

読んでいただきありがとうございました。

以上です。