やりたい事を見つける方法

こんにちはフジタ@fujita_bloggerです。

皆さんはやりたいことがありますか?

「やりたいことが見つからない」という人が意外と多いのではないかと思います。

ではどうしたらやりたい事を見つけることができるのでしょうか。

ということで今回は「やりたいことを見つける方法」について見てみましょう。

やりたいことが見つからない人の共通点

共通点

まずは「やりたいことが見つからない人」の共通点ですが、ドーパミン濃度が低いということです。

ドーパミンというのは、幸福感や至福感を司る物質であり、わかりやすくいうと気持ちがいい!ということです。

よくお酒・タバコ・薬物などを沢山消費することにはこの「ドーパミン」も関係しており、脳が「気持ちいい」と感じるからです。それと食べ物を必要以上に沢山食べてしまうことがありますが、これも同じ理由です。

人は気持ちよさを感じる為に行動を起こし、結果としてドーパミンが「やる気をコントロールをする」ということになります。

なので、ドーパミン濃度が低い人はやる気を出すことが難しいということになります。

やりたいことが見つけれない原因

考える医者

ではやりたいことが見つけれない原因とはなんでしょうか?

アメリカの大学ではこんな研究をしたそうです。

ドーパミン濃度の低いマウスに対して、右側には1つの餌をおき、左側には2つの餌をおき、その手前に壁を設置しました。そうしたときにマウスは100%の確率で、右側の簡単に取れる餌を選びました。

この実験からわかったことはドーパミン濃度の低い生物は、目先の報酬でドーパミンを分泌しようとするということです。

つまりこれがやりたいことを見つけられないという原因になります。

短期的報酬と長期的報酬

諭吉が5枚

人にとって簡単に手に入る報酬は短期的報酬で、何かを達成したときに得られる報酬を長期的報酬と言います。

短期的報酬は何かと言いますと、酒・タバコ・ゲームなどの「消費行動」から生まれる「一時的な満足感」のことを言います。問題としてはこれらは中毒になりやすいところです。 

中毒の原因ですが、一時的な大量のドーパミンが出ることで「快感」を得れるのですが、その反動ですぐにドーパミン濃度が下がるので、少なくなったドーパミンを補う為に、また短期的報酬を得ようとするのです。それを繰り返すとドーパミン濃度がどんどん低下していきます。これが中毒になる原因です。

ちなみにこの中毒の中でも、最もタチの悪いのがスマフォ中毒です。

起床したらスマフォの確認。トイレに行くときもスマフォを持っていく。移動中にもスマフォの確認。

このような状態になっている人は残念ながら「スマフォ中毒」です。

スマフォに通知がきたらすぐに確認したり、気になる人がいると思いますが、このときのドーパミンの上昇率はなんと400%で、コカインを使用したときの上昇率とほぼ同等だそうです。そう考えると怖いですね。

長期的報酬の低下とやりたい事

山の頂上で寛ぐ男性

上記のように短期的報酬に陥るとどうなるかと言いますと、長期的報酬の減少がおきます。

長期的報酬というのは、人間関係・ビジネス・アート・身体強化などの努力をして達して得る満足感のことです。

つまり「やりたいこと」というのは、この長期的報酬ということになります。

これを感じるには「時間」と「労力」が必要となります。

ですがこれができない人は、ネズミと同じく短期的な報酬という目先にある報酬に走りがちになります。

例えば、仕事がうまくいかないからと言って、お酒を飲む事でドーパミンを補ったり、新しいことに挑戦しないで暇だからといってスマフォを触る生活をしてませんか?

このような短期的報酬にはまった生活をしていると、新しいことに挑戦をするという意欲を失ってしまいます。

そうすると、やりたい事が永遠に見つからなくなってしまいますよ。それは実際にやってみないと、それがわからないからです。

毎日ラーメンしか食べない人が、チャーハンが美味しいかなんてわからないですよね。

なので、短期的報酬である悪い習慣を減らし、新しいことに挑戦をする時間や機会を増やしましょう。

それが「やりたい事」を見つける条件になります。

まとめ

やりたい事を見つけられないのは、ドーパミン濃度の低さが関係している事。

短期的報酬がドーパミン濃度を下げる事。

「やりたい事」を見つけるには、短期的報酬という悪い習慣を減らす。

ということになります。

やりたいことを見つけたい人は、是非とも実践してみてはいかがでしょうか?

以上です。