科学者でもわからない未解決ミステリー4選

こんにちはフジタ@fujita_bloggerです。
 
今回は現代科学でも解決のできないミステリーを4つ紹介しようと思います。

ディアトロフ峠事件

雪山
こと事件はロシア史上で起きた、最も不可解な事件だと言われているものです。
 
内容ですが、ロシアの南北に横断するウラル山脈の冬山で、謎の死を迎えた9名の学生がいました。
 
ウラル山脈をトレッキングをする9名は、雪山登山の経験もあるウラル科学大学の学生と卒業生だったのですが、生きて帰ってくる者は誰1人もいませんでした。
 
2月2日に、リーダーであるディアトロフの指揮で雪が吹雪く中、学生達はテントを張ったのですが、その後に何が起こったのかは不明だそうです。
 
ディアトロフは「ふもとの集落に戻ったら電報を送る」と言ってたのですが、一週間が経過しても連絡がなかったので、捜索隊が結成されました。
 
2月26日に捜索隊が、破損したテントを発見するのですが、そのテントはなぜか内側から切り裂かれていたのです。
 
テントの外で6人名の遺体で発見され、死因は低体温症で、残りの3名は肋骨を骨折をする怪我をしており、検死を行った医師によると「自動車事故に合わないとこのようにはならない」と言ったそうです。
 
さらに着ていたスキーウェアからは、普段では考えられないほどの放射線が検出されたのです。
 
これらのことから検査官の報告書では原因不明の未知なものにより死亡とされてたそうです。
 
ではなぜ、雪山登山の経験がある若者達は内側からテントを切り裂き外に出たのか?
 
なぜ中には、薄着で靴も履いてなかった人いたのか?
 
他のメンバーの服を着ていた人がいたのはなぜなのか?
 
不可解な事が多すぎますね。
 
これらのことは様々な仮説があり、ロシア軍の秘密基地説、雪崩説、UFO説などあるり、仮説から先に進まなかったそうです。
 
事件から40年経過した1990年頃に、この事件の公式記録が公開されました。
 
内容は空飛ぶ発光体をみたという証言した後、組織の最上部から、この調査委員を解任されたという元捜査官の証言が記録されているのです。

ダンシングマニア

ダンスをする男女
この事件は1518年頃に主にヨーロッパで起こった死ぬか疲れ果てるまで踊り続けるという社会現象です。
 
1518年の7月にファウルという女性が突然路上で踊り始め、一週間以内に34人が加わり、そこからさらに増え続けて1ヶ月後には400人に達したそうです。
 
最終的には100名以上の人が死ぬまで踊りを続けたといわれ、死因では過労、脳卒中、心臓発作だったそうです。
 
地元の年代記や医師の記録では、実際にこのダンシングマニアがあったとされているのですが、なぜ死ぬまで踊り続けたのかは未だに謎なままです。

ビミニ・ロード

バハマの海辺
西インド諸島のバハマのビミニ島近くの海底で、人工物としか思えない石組みが発見されました。
 
この石組みは道路のようになっているため、ビミニ・ロードと呼ばれているそうです。
 
現在わかっていることは、この石はバハマ由来の石灰石であることだけです。
 
敷き詰められている石の先端はJ字になっており、自然にできたのか人工物なのかということは、未だに議論されているのです。

謎の119番通報

白電話
これは日本で起こった事件なので知っている人も多いかもしれません。
 
事件の内容は、2014年5月に青森県青森市にある別荘から消防に電話で通報があったのですが、通信状態が悪くて電話の向こう側からの声は全く聞こえなかったのです。
 
一刻の事態を争うかもしれないと思った青森消防本部は、発信場所の特定をし、消防職員10名を現場に向かわせたのですが、周りは真っ暗で家の中には人影もなく、怪我人や病人もいなかったのです。
 
現場は100年前に「八甲田雪中行軍遭難事件」があった地区で、この事件というのは、1902年1月に日本陸軍第8師団の歩兵第五連隊が、冬季の八甲田山で訓練を行っていたときに遭難し、この訓練では210名中199名が亡くなるという最多の死傷者を出した事件でした。
 
この八甲田山は心霊スポットとして知られており、多くの心霊体験があるそうです。

まとめ

 
いかがでしたか?
 
科学では証明できないようなミステリーな出来事が世界各地には沢山ありますので、これからも引き続き紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。