合コンでお持ち帰りする方法5選

こんにちフジタ@fujita_bloggerです。

みなさんは合コンや相席屋にいった経験はありますか?

まぁ行ったとしても、なんの成果も上げられずに、仕舞いには男同士でラーメンとか食べて解散してるのが落ちでしょうが。

今日はそんな男性たちを救済する、合コンの攻略法を5つ紹介しましょう。

聞き役にならない

耳に手を当てる

男「・・・あれ?聞き役に徹してるのに・・・この沈黙は・・・」

さて、合コンや相席屋で出会う場合は、基本的に初めてのご対面になります。

その場合にやるべきことは相手の警戒心を解くこと自分の価値を伝えることが大切になります。

警戒心が解けていなかったり、自分の価値が充分に伝わってなかったりする段階で聞き役に徹していると沈黙が生まれて、相手に「この人はコミュ障だな」と思われてしまいます。

なので、初めての場合は聞き役ではなく、積極的に相手に話し掛けて、警戒心という壁を壊しましょう。

聞き役になるのは、お互いに警戒心が薄れた2回目からが良いです。

初めて相互接触するときは、自分を売り込む営業をしましょう。

目を逸らしてはいけない

レッサーパンダちゃん

当たり前のことですが合コンでは、女性と目を合わせるのが鉄則になります。

ですが、最近の草食系男子は女性となかなか目を合わせれないといったことが多いです。

とにかく女性と目を合わせるだけで、女性は男性から自信を感じて、好感を持ちやすくなるんです。

まぁ、目を合わせれないのに合コンに行っても意味ないので、女性の目を見つめて逸らさない練習をしましょう。

時間の制約を作りましょう

時計

例えば「明日仕事があるからあと1時間しかいられない」

といった時間的制約を作りましょう。

前の項目では、自分の価値を伝えるということを言いましたね。

そうしたら次の段階では、嘘でも構わないので「あと1時間しかいられない」といって忙しい人アピールをしてください。

そうすることにより、相手には忙しい人」「価値のある人と思わせることができます。

性欲を持て余し、日曜日の夜から女探しに明け暮れる人だと思われてはいけませんよね。

さらに別れる時間を先に言っておくことで、連れ回される心配もなくなり、女性の警戒心を下げることができるのです。

ただこのような発言をした場合には、残りの時間を盛り上げて、名残惜しさを出しましょう。

そして最後には、「もう時間かぁ、楽しかったよ。ありがとう。よかったらまた飲まない?LINEの交換でもしよう」

と言いましょう。

女性に「うん」「そうだね」と何度も言わせましょう

yes

例えば

男性「あ、コーラ好きなの?」

女性「うん、そう」

男性「俺も好きなんだ、コーラ」

と言った感じで、「〇〇好きなの?」と聞いてみましょう。

合コンや相席屋で会話に困る人もいると思いますが、そういう人は女性にyesと言わせることを意識してください。

好きだから使ったり頼んだりしているわけですから、だいたい返答は「うん」になります。

相手に「yes」という質問を繰り返し行なっていると、肯定し易くなるという心理状態になることが、研究で明らかとなっています。

そうすれば連絡先を聞くときも「うん、いいよ」と相手が言い易くなるというわけなのです。

適度にディスってみましょう(応用編)

disる男

例えば

男性「若く見えますが、何歳ですか?」

女性「私は20歳です」

男性「そうなんですね。てっきり中学生が相席屋に来ているのかと思ってビックリしましたよ~(笑)」

みたいな感じです。

ここで重要なのは、「あなたのことが好きです」と言ったアピールを避けることです。そして、相手を不快にさせたり怒らせたりしない程度の範囲でディスりをしてみましょう。

相手を傷つけずギリギリのところ、笑える範囲のディスりを入れることで、女性の興味を引き出すことができます。

綺麗な女性は「綺麗だね」「かわいいね」と言った言葉は聞き慣れているので、逆に美人ほどこういうディスりが有効的となるのです。

まとめ

もしあなたが、合コンや相席屋に行くのであれば、この紹介したことを意識してみてはいかがでしょうか?