いじめられない方法5選

ぬいぐるみたち

こんにちはフジタです。

この記事では、いじめは絶対によくないという誰もがわかっている正論を言いたいわけではありません。

人間が生きてきた歴史の中で、いじめがなくなったということはないのですし、今後の未来もこの世界からいじめがなくなるということはないと思います。

だからこそ、この荒れ狂う世界を生き抜く為の強さと賢さを持つ必要があります。

今回は、いじめられない方法を5つ紹介します。

結論

  1. 【見た目を良くしましょう】
  2. 【やられたらやり返す】
  3. 【身体を鍛えましょう】
  4. 【先生や親に相談をしてみる(誰かに相談)】
  5. 【環境を変える、切り離す】

見た目を良くする

スーツの男性

いじめられる人というのは、どんな人かと言いますと、美人やブサイクなどといった見た目が原因であることが多いです。

ということは、普通ではない」「みんなと違うということが、いじめる理由になるのです。

人間第一印象と言われるように見た目が劣っていたりすると、見下されたり舐められたりするので、自分を磨いて見た目を良くすることが重要になります。

髪型、眉毛を整えて、メガネを掛けているならメガネを取るかコンタクトに変えて、手はポケットに入れましょう。

視線は1点を見るようにします。決してキョロキョロしないようにしましょう。

やられたらやり返す

胸ぐらのつかみ合い

見た目を良くして大丈夫と思っていても、いじめの対象や標的になってしまう場合があります。

ここで重要となるのは、いじめてくる人は、いじめられている人のことを存在しても意味ないような奴やクズゴミ程度であるとしか考えていません。

存在しても意味のないやつ又はクズゴミなので、蹴っても叩いてもバカにしてもいいし、何をしても問題ないだろうという理屈なのです。

なので、何か言われた時は言い返してしまいましょう。

あと殴られたり蹴られたりしたら、やり返すことです。

やり返すことで初めて相手に、1人の人間であると認識がされるということです。

1発でもいいので、アッパーでも回し蹴りでもなでもいいから、相手にお見舞いしてあげましょう。そうすれば相手からは「意外とやるじゃないか」となりますし、男の場合の殴り合いの喧嘩の後というのは、穏やかな関係になりやすいです。

身体を鍛える

筋トレをするおじさん

中には喧嘩は嫌だし、したくないという人もいると思います。

その場合はどうするのがいいかというと、筋トレをすることが最も効果的な方法なのです。

身体は鍛えるけど、喧嘩はしないというのはちょっと矛盾しているのでは?
と思われるかもしれませんが、筋肉むきむきのマッチョ男になることで、見た目で勝つことができるのです。

そうすれば戦わないで勝つことが可能ということになります。

鍛え抜かれた筋肉や身体というのは、相手に対して無言の圧力を与えることとなり、喧嘩を売られるということがほぼありません。

喧嘩が嫌なのであれば、筋肉トレーニングをすることをおすすめします。

先生や親に相談をしてみる

悩みを抱える女性

大人の場合だと、何か問題があった時には警察に通報すれば良いのですが、子供の場合だと頼れるのが「親」「先生」しかありませんよね。

そんな時は両方に相談をしてみましょう。

ですがほとんどの子供は、親や先生にも相談しないことが多いのです。

理由としては、親に心配を掛けたくないと思ってしまうからです。

親が子供を心配するのは当然なことなのですが、それ以上に子供は親のことを心配に思ってしまいます。

1人でも味方や仲間がいれば、それが力づけるものとなり生きることができるのです。

環境を変える、切り離す

自然と小屋

いじめをする人というのは、誰かからいじめられたり、家で親から相手にされなかったりする傾向があります。

その積み重なった怒りや恨みは、自分よりも立場が下な人や弱そうな人にぶつけられます。これは戦争に似ていますね。

そして、いじめにあった子供も誰かしらをいじめたくなるので、いじめが絶えることがないのです。

だから、いじめに遭う環境に子供がいるのなら、環境を変えたり切り離す必要があり、将来のためにも大切なことになります。

【まとめ】

もしこれを見ているあなたが、いじめにあっているのであれば、身体を鍛えたり誰に相談をしたり、味方や仲間を作ることが大切になります。

環境を変えれるのが最も早いと思いますが、なかなかそう簡単にはできないですよね。

やはりいつの時代になっても人間は、この問題を解決するのは難しいことなんだと思います。