【潜在能力を高める方法】

こんにちはフジタです。

緊急時に自分でも想像がつかないほどの力を発揮したと言うことを聞いたことがありませんか?もしくは体験ですかね。

火事場の馬鹿力という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは一時的に潜在能力を発揮した状態になります。

このような力が意図して使えたらいいなと思いませんか?

では潜在能力を高めるにはどうしたらいいのか、何をすればいいのかを見ていきましょう。

【結論】

  • 自ら行動をする
  • なんでも挑戦する
  • 興味を持つ
  • 継続をする
  • 素直になろう
  • 好きなことに没頭する
  • 自己暗示をする
  • 手を合わせる
  • 感謝する
  • 睡眠をとる
  • 適度な運動
  • 歌や音楽を聴く
  • 無心になる
  • 瞑想をする
  • 深呼吸を行う
  • 固定概念を捨てる
  • 今を大事にする
  • やるべきことを整理する
  • 人の話を聞く
  • 自分の直感を信じる
  • 長所を知る
  • 現物を見る触れる
  • 知らない土地に行ってみる
  • 絵を自由に書いてみる
  • 指先を使う
  • 予想をする
  • 利き手と逆の手を使う
  • 毎日元気に笑顔で過ごす

まだありそうな気がしますがざっとこのくらいはあります。

【自ら行動する】

走るサラリーマン

自分で考えて行動をすることにより感性(感じ取る力)を鍛えることができます。

するとどうなるかというと、時代の流れや人々の思いや心理といったのを感じる取ることができるようになります。

ちなみに感性はいくつになっても鍛えることができるので、ぜひ日々の習慣に取り入れてみてはどうでしょうか。

【なんでも挑戦する】

重りを上げる男性

好きなことでも嫌いなことでも、自ら進んで挑戦をしてみましょう。

挑戦をするということは、とても勇気を必要とすることです。

ですが、挑戦をすることにより自分を変えたり、環境を変えたりできますね。

そうすると自分も変えることができるのです。

失敗もするでしょう。ですがそれは経験となり、成功へ近くことができるということです。

そうすれば必ず良い方向へ進み、自分の人生を豊かに充実した生活を送ることができるようになります。

何歳になっても挑戦はできます。もし生活を変えたいと思っているのであれば、どんなことでも挑戦をしてみましょう。

【興味を持つ】

では興味を持つと、どんなことがあるかと言いますと、集中力、創造力、などといった能力や今まで活かすことのできなかった能力が開花し凄い力となります。

では興味を持つためにはどうしたらいいでしょうか?

まず、考えることよりも行動をすることです。

なぜ考えることよりも先に動いた方がいいのかと言いますと、どんなことに対しても考えてから行動をすると、結局やらないということがほとんどだからです。

とりあえず行動をすれば、興味のないことでもそれなりに取り組みますよね。

そもそも興味関心といったものは、行動するからこそ生まれるのです。行動をしなければ生まれません。

確かに想像をすることはできますが、想像をしただけでは本当の興味や関心を持つことができませんね。

考えることよりもとにかく行動をしましょう。何かが変わるはずです。

【継続をする】

ことわざでこんな言葉があります。

「継続は力なり」「石の上にもな三年」

何かを継続することはとても大切なことですね。

ではなぜ続ける・継続するということが大切なのかと言いますと、続けなければ何も始まらないし、何者かにはなれないからです。

天才だと言われている人は努力や何かを継続しています。ですがその天才でも継続するということをやめてしまったらどうなるでしょうか?

ただの凡人になってしまいますよね。

だから、凡人でも天才でも何者かになりたいのであれば継続をするということが大切になるのです。

まず結果を出すことよりも続けるということをしなければ何も始まらないのです。

【素直になろう】

素直な猫

人は素直になることが良いことであるというのを知っています。

ですがいざ素直になろうと思ってもその逆のことをしてしまったりということがあります。つまり気持ちの偽りと同時に、他人のせいにすることで自分が楽になるからでしょう。

ではどうしたら素直になれるのでしょうか?

素直になるには心を開く必要があります。

違いは2つです。

素直になれる人は相手を信用していますが、素直になれない人は、相手を信用していないのです。

心の扉を閉じているか、開いているのかということ。

他人は自分の心の投影だと言われので、自分が相手に対して行なっていることが反映されていることがあり、無意識に相手に対して信頼できない行動をとっている可能性もあるのです。

つまりは相手を信頼できるか、できないかの違いというのは

自分を信頼できるか、できないかの違いなのであると思います。

ならこの行動を変えればいいわけです。

具体的には、自分の直感を信じて行動、己の気持ちに素直になる、幼い頃の純粋さを思い出す、などといったことです。

自分を信頼し素直になることが、相手も素直になる近道なのではないでしょうか?

【好きなことに没頭する】

森の中で仕事に没頭

好きなことに集中することで多くのメリットや成功が得られます。

自分の夢を叶えたり、集中することで色々なアイディアが浮かんできたり、ストレスの解消になったり、やる気がどんどん出てきてポジティブ思考になったりといったメリットがあります。

没頭して夢中になっているときの脳の状態は、適度な緊張とリラックスをしておりバランスが取れています。このとき脳は最大限の力を発揮することができるのです。

そのために好きなことをとことん行い、たとえ好きでなくても継続し、自分のマイルールを作って実践してみましょう。

【自己暗示をする】

ところでみなさんは自己暗示がどんな意味なのかを知っていますでしょうか?

自己暗示と聞くと、自分に暗示をかけるということだと思いますよね。

用語解説では、「自分は○○だ!」と思い込み、まるで事実であるような意識に変わることを言います。

では自分で自己暗示する方法はどうやるのかというと

1つ目は音楽を聴くことです。
聴く音楽は「瞑想系」や「リラックス系」がオススメで、YouTubeなどで検索をするとででくるの自分に合うものを探してみましょう。

2つ目は脱力をした、力が抜けている時に自己暗示をする方法です。

やり方は、身体に力を入れて一気に力を抜きます。

すると脱力した感じになるのでその時に自己暗示を行います。

力を抜いて脱力している時の方が、潜在意識に暗示を掛けやすくなるからです。

3つ目は好きなお香を焚いたりやアロマを使う方法です。

たまに匂いで過去の記憶などを思い出したりしたことがありませんか?

これは嗅覚を利用して記憶を呼び覚ます方法です。

さらに精神的にリラックスをすることができるので、非常に有効な手段なのです。

【手を合わせる】

この手を合わせるということを行なっている人が多いと思います。

これを合掌と言いますがどんな時にしますか?

よくあるのは食事の前後やお寺・神社に参拝した時や仏壇やお墓にいった時、誰かに謝る時ですよね。

合掌をすることで、感謝や敬意・尊敬などを表すことができます。

そして手を合わせるという行為は、仏と人が一体となるという意味を持っているんです。

意味を知ってからだと、合掌をする時の気持ちが変わると思います。

【まとめ】

潜在能力を高める方法は沢山ありますね。

ですが、これらを全てやったからといって潜在能力を引き出せるかどうかはわかりません。人それぞれ違うのでこれだ、というのも一概に言えないのです。

といろいろ試して行動することが大事ですので、とにかくやってみることです。

全て書ききれないのでまた後ほどリライトします。