【ダチョウの卵を料理してみた】

ダチョウの卵と鶏の卵

こんにちはブロガーのフジタ@fujita_bloggerです。

前回、Twitterでのプレゼント企画でダチョウの卵が当選した記事を書きましたが、その続きの記事になります。

ということで、頂いた卵をどのようにしたのかをご紹介します!

【ダチョウの卵の割り方・出し方】

ダチョウの卵は大きくて殻が厚いので、鶏の卵のように簡単に割ることができないのです。
ではどうやって割るのかと言いますと、ハンマーやドライバーなどの道具で割ります。

割る前に卵に光を当てて、空洞になっているところを探します。

ダチョウの卵にライトを当てる

見つけたらマジックなどで印をつけます。

ダチョウの卵に印を付けた

次にドライバーとハンマーを使って少しずつ割って行きます

ダチョウの卵にドライバーとハンマーを当てる

 

ダチョウの卵を割っている途中

ある程度割ったら、ラジオペンチで殻を取って行きます

ダチョウの卵とラジオペンチ

殻などが卵の中に落ちても中には厚い膜(薄皮)があるので問題ありません。

落ちた殻の破片などを取り除いたら、大きなボウルに黄身と白身を移しましょう。

中身を取り除いたダチョウの卵の殻

 

ダチョウの卵の黄身と白身

ここまでできたら、あとは普通の卵と同じように調理するだけです!

私はプレーンオムレツとトルティージャを作り美味しく頂きました。

ダチョウのオムレツ

↓下のがトルティージャ

ダチョウのスパニッシュオムレツ

 

切り分けたオムレツ

こんな感じに料理をして、家族で美味しく頂きました。

味は鶏の卵とは違い、独特の匂いや臭みもなくあっさりした感じでとても食べ易い。
プレーンオムレツは醤油との相性がとてもよかったです。

ごちそうさまでした!

【頂いたダチョウの卵について】

今回プレゼント企画でダチョウの卵を頂いた企業さんですが、前回でもご紹介しました美里オーストリッチファームさん@Misato_Ostrich  です。

こちらのダチョウ牧場は埼玉県児玉郡美里町白石にあり、ダチョウさん達は緑豊かな壮大な敷地で育てられています。

飼料も無農薬で作られた物、桑やアルファルファ、搾りたてのおから、新鮮な野菜や小麦等を与えられており、とても安全であると言えます。

美里オーストリッチファームさんは「お客様第一主義」をモットーにされており、これから先も健康で安心安全なダチョウの飼育に努力をしていくそうです。

それからダチョウの卵以外にも、ダチョウの肉、フィレ、内臓各種、ハム、ウィンナー、財布、バック、化粧品、その他各種取り扱いをしております。

美里オーストリッチのパンフレット

 

美里オーストリッチのパンフレット2

※パンフレット画像は許可を得て掲載しております。無断での転載・コピーはしないでください。

ホームページはこちら→美里オーストリッチファーム

オンラインサイトはこちら→美里オーストリッチファームのオンラインサイト

そのほかにもYou TubeFacebookでもご覧になることができます。

ふるさと納税の返礼品でも取り扱いされています。

気になる方はぜひご覧ください。

【まとめ・感想】

鶏の卵を食べている方は、たまには違う鳥の卵を食べてみるのも良いかもしれません。

それと、量がとても多いのでバーベキューやパティーなどの時に出すと喜ばれると思います。

ダチョウの卵は希少品で普段食べることのないもので、今回はプレゼント企画に当選したので食べることができました。

美里オーストリッチファームさんに感謝いたします。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA