【20代で経験すると良いこと】

みなさんこんにちはフジタ@fujita_bloggerです。

20代はいろんなことに挑戦でき、多くのことを沢山吸収できる年齢です。

人生は一度きりですし、若いうちならば体力もありますからね。

確かにやりたいことに挑戦するのに年齢は関係ないと思います。

ですが、できるのならば早い段階がいいです。

私もそうなのですが、もっと○○しておけばよかったな~と後悔していることがとても多いです。

そこで私と同じような後悔をしないようにしてもらいたいので、20代のうちに経験しておくと良いことを紹介します。

【何でもまずはやってみよう】

とにかく迷っている暇があるならば、何でもいいのでやってみましょう。

なぜいろいろやってみる必要があるのかと言いますと、器が小さいままだと、どうにもならないから。

だから自分の器を大きくするためにいろいろ経験をする必要があるのです。

20代というのは未熟なので、何でも見て試して、とにかく経験を積むということが重要になります。

そうしたら、その経験を脳内記憶して残していきます。

「いや、記憶しておくとか無理だし」

と思うかもしれませんが大丈夫です。人間の記憶したことは、どんな些細なことでも脳内記憶の倉庫に保管されて、失われないと言いますので問題ありません。

自分が忘れてしまったと思えることも、実際に忘れてしまったのではなくただ思い出せない、つまり自分の記憶倉庫から記憶を引き出せないだけです。

こんな経験はありませんか?

何かの拍子で記憶を思い出すことが。

だから、いろいろと経験を積んで記憶量を増やしておく必要があるのです。

若いうちに大切なのは、結果よりも何でもかんでも挑戦してみること。

そうすることで自分に自信が持てるようになります。

【自分探し】

20代は自分探しの時期ですね。

辞書で自分探しと調べるとこう述べられています。

自分の現状に満足できず、本来の自分の性格、人生の目的など、納得できるものを探す

私が思うに自分探しをすることは、いいことだと思いますが、全てがそう言うわけではないと思っています。

この言葉を使うのは、働かずに遊んでいたい若者が今の気楽な現状を維持したいがために、使っているのではないかと思うことがあるからです。

こういう言葉があります。

もっとも気楽な生き方は、他人から自己限定してもらって、自己を持たないことです。自己の魂を他人に預けることです

この言葉は宗教評論家のひろさちや氏の言葉です。

なんか宗教臭いなと思われた方がいると思いますが、これは宗教組織に依存してしまった方の考えがこれなのです。
確かに自分で考えずに誰かに助言してもらい、そのように生きれば楽だと思います。

ですがそれは思考停止ですよね?

本当にそれでいいのかと言われれば、Noですよね。
若いうちは悩むことがとても多いですが、一歩間違えるとこういう宗教や組織に染まってしまう可能性があります。

そんな人間になるくらいなら、自分で自分の生き方を探した方がよっぽどマシですよね。
だから自分探しをするのは悪くはないのです。

ですが、もし自分探しをするのであれば誰かを参考にしない、予見を持たないで何にでも取り組んでみることが大切です。

そうした方が自分探しが大変有効だと思います。

【やりたいことは、とことんやる】

最近では自分のやりたいことをして生きるという人が増えてきましたね。

これからの社会は何かしらのスキルがないといき残れないのではないかと思われます。

ではどうしたらいいのか、自分がやりたいと思うことをとことん追求することです。

何でも良いのでこれなら誰にも負けないということを身につけましょう。

今の世の中はどんどん変化進歩しており、プロと言えなくてもいいのでとにかく誰よりも優れた能力を身につけておきましょう。

何をやればいいかわからない場合には、まだ誰もやったことがないようなことがいいと思います。

【失敗を沢山しよう】

当然のことだと思いますが、失敗は誰もがしたくないと考えますよね。

ですが、若い20代のうちはどんどんするべきだと思います。

若いうちの失敗は義務であると言ってもいいくらいです。

なぜ失敗してもいいかというと、しないとわからないことがあるからで、失敗から成功が生まれるということもあるからなんですね。

さらに失敗を重ねることにより芯が強くなり、根性が鍛えられます。

失敗をしたことがない人よりも強くなれるんですね。

そう考えると良いことだと思います。

これがもし年老いてからだとキツいので、若いうちに経験しておいた方がいいということになる。

だから、年配の人達は若いうちに失敗をしておきなさいというのですね。

ところで失敗というのは何なのか?と思う方もいますよね。

私的には「そのやり方は間違っているよ」と教えてくれているものだと感じます。

エジソンも失敗してよかった。2度と同じやり方をしないですむのだから

と言い残しています。

成功をしている人というのは沢山の失敗をしています。だから失敗なくして成功は得られないということになりなすよね。

失敗は成功の元

まさしくそうですね。

あと、失敗をしたからと言って諦めてはいけません。

諦めたらそこで失敗が無駄になってしまいます。

だから、諦めないでやり続ける限りは先に進めることになり可能性がなくなりません。

【まとめ】

若いうちは体力的にも精神的にもやる気に満ち溢れていることが多いですよね。

これが50,60代となるとそうは行きません。

だから、できることは何でも若いうちに経験しておくと、年老いてからそれらが役に立つということが沢山あると思います。20代なら尚更です。

今の時代は恵まれており、何でもかんでもある時代ですし、失敗を恐れずに何でもやってみましょう。