効果のある暗記方法4選

本を読む女性

こんにちはフジタです。

みなさんは暗記が得意ですか?

学生での勉強や社会人での資格試験でも必須になる暗記力ですが「勉強をしているのに覚えれない」となったことはありませんか?

ですが、ちょっとした工夫で勉強の効率が上がるかもしれません。

といことで今回は、科学的に効果的とされている暗記方法について紹介したいと思います。

ライトナーシステムを使用する

箱

人間は時間と共に覚えたことを忘れていきます。

ですが、時間を空けて何度も復習することで記憶が定着することが研究で明らかになっています。

とわいえ、一度覚えた事を毎日復習するのは時間が掛かり、あまり効率的とは言えません。

これを踏まえドイツの科学者が開発したのが、ライトナーシステムという勉強法です。

やり方

  1. 5つの箱を用意
  2. 用意した箱にA~Eの番号を書く
  3. 始めは覚えたい単語をAの箱に入れてる
  4. そしたら単語を1個づつ確認して、正解したら次の箱に入れる

例えば、Aの箱に入れたものが正解したらBの箱に入れ、Bの箱に入れたものが正解したらCの箱に入れます。

不正解だった場合は、どの番号の箱に入っていてもAの箱に戻します。

Aは毎日、Bは1日後、Cは3日後、Dは7日後、Eは15日後とし、正解した数が多い、つまり覚えられたものが多いほど復習する頻度を減らします。

こうすることで、覚えたものを適度に復習し記憶を定着させて、覚えられなものに勉強時間を多くさくことができます。

結果的に短い時間で効率よく覚えることができるのです。

覚えたら寝る

寝る子供

何かを覚えた後は、寝ることで記憶をしやすくなるのです。

フランスで行われた語学学習の研究では「朝と夕方に勉強するグループ」「夕方に勉強をして睡眠をし、朝に勉強をするグループ」の2つのグループに分け、どのくらいの単語を覚えられるのかをテストをしました。

結果は、同じ勉強時間でも「夕方に勉強をして睡眠をし、朝に勉強をするグループ」の方が単語を多く覚えられたのです。つまり、勉強をした後に睡眠をとることで、効率よく暗記ができるということになります。

そして面白いことに、昼寝でも効果を得ることができたのです。

記憶テストを行った別の研究では、暗記後に90分の昼寝をしたグループは、昼寝をしないグループよりも記憶テストの結果が良かったのです。

つまり、何かを覚える際は夜でも昼でも寝る前に行うと良いということになります。

思い出すことを重視する

考える女性

心理学者によって発表された研究によると、読んだり書いたりするよりも、記憶の中から思い出しをする行動をした方が記憶が強化されるそうです。

つまり何かを覚える時には、本をひたすら読んだりノートにまとめたりするよりも、問題を解いたり暗記カードを使用したりする「自分の記憶から情報を引き出す」という勉強方のほうが記憶に残りやすいということです。

なので新しい事を勉強・覚える場合には、簡単に教科書や本を読んだ後に必死に思い出しをして問題を解き、わからなかったところを中心に、教科書や本をもう一度読んで確認をするというアウトプット重視にすると効果的なのです。

映像をイメージして覚える

考える男性

人は文字を記憶するのと、写真・映像を記憶するのと比べた時に、どちらが覚えやすいかといったら、写真や映像の方が圧倒的に覚えやすいと言われています。

例えば、10単語を覚える時に文字だけの時と、文字と絵があった場合だと、絵と文字がある方が覚えやすいく全て覚えられる人が多いそうです。

つまり何かを覚えたい時は、映像をイメージしながら覚えると記憶しやすくなるということになります。

シンプルですが、非常に効果的な良い覚え方です。

最後に

以上が効果のある暗記方法4選です。

最後までご覧いただきありがとうございました。