モテる男になれるトークテクニック6選

こんにちはフジタ@fujita_bloggerです。

男性のみなさんは、女性とどんなな会話をしていますか。

男友達と話すように会話をしていないとは思いますが。

もしそうであるならば、大変まずいですよ。

そんなことをしていたら、一生彼女ができない可能性があります。

今日はそんな男性達の妄想をぶち壊す、モテる男になれるトークテクニックを6つ紹介します。

「お前」というのはダメ

キザな男

A「終電がないけど、お前どうするの?」

A「チッ(舌打ち)」

男性諸君に絶対に覚えていてもらいたいことですが、女性というのは男性から「お前」とか「おい」とか呼ばれるのが、すごく嫌いなのです。

どうやら雑に扱われていると感じるようです。

なので相手の名前はしっかり名前で呼んでください。

まぁこれは当たり前なことなのですが、この当たり前のことができない男性も残念ながらいるんですよね。

話を最後まで聞きましょう

話を聞く

たとえどんなに女性の話がつまらなくても、最後まであいずちをして話を聞いてあげてください。

これは女性との関係を持つための試練です。 

ポイントとしては、女性の感情(喜び・悲しみ・怒りなど)に対して共感をすることが大切になります。

まあ内容によってはどうしても共感できない場合は、トイレに行ったりして席を外しましょう。

おうむ返しをする

インコ

上記では最後まで話を聞きましょうと言いましたが、返事やあいずちに、さらにおうむ返しをプラスしてみましょう。

この方法というのは、相手が言った言葉に対してそのまま繰り返すという「おうむ返し」を使用します。

例えば女性が「私、映画が好きなんだ」と言ったら男性は「へぇ~映画が好きなんだね、どんな映画が好きなの?」という感じです。

女性と話すときに困ったりした時などに、これを使いましょう。

会話の内容

話をする男性と女性

男性の話の内容というと「勝敗・女・車」などの競い合いや勝ち負けの話題がメインになりますが、女性の場合には「人にまつわる話」になります。

例えば「誰が誰のことが好き」とか「あの人はどうだのこうだの」です。

男性の場合は会話の内容に結論を求めますが、女性の場合では結論を求めません。

つまり、男性と女性というのは本質的には話が合わないということになります。そう考えると、男女間では話が必要ないのかもしれませんね。

だとしても話すことがありますが、そんな時は「人にまつわる話」がいいと思います。

褒めましょう

娘を褒める

もしあなたに落としたい女性がいるのであれば、外見を褒めましょう。

素直に、大胆に、言い過ぎというくらいにを褒めてみましょう。

ですが「かわいい」「綺麗」だけだと女性は「この人誰にでも言ってるんじゃね?」と思われるので、その女性にしかない特徴を絡ませて、褒めてあげるのが良いです。

これはやり過ぎくらいでいいのです。

言葉使いと、下ネタには気をつけよう

当然ですが「汚い言葉使い」や「下ネタ」はダメです。

理由は言わなくてもわかると思いますので省略します。

まとめ

「彼女が欲しい」「結婚がしたい」と考えている人は、くれぐれも言葉使いには気をつけましょう。

あなたの何気ない発言で、全てが台無しになってしまうかもしれません。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA