口癖でわかる心理5選

こんにちはフジタです。

あなたの周りに「すみません」とよく言ってる人はいませんか?

口癖というのは自分が意識せずにしているものなので、自分では気づいてないことがあります。

発している言葉には、その人の本心が隠れていることがあります。

今回はそんな口癖からわかる人間の心理を紹介します。

「なるほど」「確かに」

納得する猫

会話をしているなかで「なるほど」「たしかに」という言葉をよく使う人は、実は話をしっかりと聞いていないことがあります。

本当に理解・納得をしてる場合は「なるほど」と言って頷いたり、顔の表情や目に出るのでわかります。

ですが、連発して「なるほど、なるほど」という人の場合は、何がなるほどなのかを理解してないで言っているのか、相手に対して「何かしら反応しておかないと悪いかな」と思っていることがほとんどです。

もしこの言葉を連発して使ってくる場合、聞いている相手は退屈しており適当に聞き流していると言えます。

「すみません」

謝るパンダ

この言葉を特に悪いことをしていないのに、言っている人はいませんか?

謝ることが口癖になっている人は、「自分なんか・・・」と思っているタイプで自己肯定感が乏しく、卑屈の人が多い傾向にあると言われています。

しかしもっと厄介な場合があるのです。

このすみませんと言う言葉をバリアとして使う人がおり、その人は人との干渉をしたくないが為に利用します。

口では「すみません」と謙虚を装っておりますが、実は頑固者であったりわがままであったりするので、そんな人が言った「すみません」という言葉には謝罪の意味などはないと思った方がいいでしょう。

「ちょっと」

女性の部下に声をかける上司

「ちょっといいかな?」と言われて何かと思ったら、おおごとだったと言うことを経験したことがありませんか?

人というのは誰かにお願いするときに「ちょっと」と言い換えることで、とりあえず相手に承諾させるという心理が働くのです。

一度引き受けさせてしませば、相手は断りずらくなりますよね。

つまりこの言葉を無意識に使う人と言うのは、相手が断りずらくなると言うことを「心のどこか」で理解しているということになります。

もしこの言葉を多用する人に絡まれたら信用しないほうがいいです。

「いや」

ビジネスウーマン

話はじめにいやを付けて話す人が周りにいませんか?

「いや、たまたまですよ」とか「いや、そうなんだけど」とかいう人です。

この言葉をはじめに付けていう人は、プライドが高く相手をなかなか認めれない、素直でない人で、つまり頑固すぎるタイプということになります。

こういうタイプの人と話すと必ず「いや、〇〇」と言ってくるので気分が悪くなってきますよね。どんなことを言っても否定されるわけですから。

もし「いや」というのが口癖になっているのであれば、意識して直した方がいいと思われます。

「まあ」

質問に答える男性

私もそうなのですが、この口癖が多い人って結構いると思います。この言葉を多用する人と言うのは、中立の立場にいたい人がよく使い、他人から嫌われないように物事を曖昧にすると言うことがわかっています。

つまり「あっちでもないし、こっちでもないし」と言ったように意見を言っても反論をされないよう穏便にことを済ませたいと言う心理が働いているからこの言葉を使うのです。

それと「まあ」という言葉にはもう1つ心理があり、それは「どうでもいい」と言うことです。

「まあ」=「このことを言ってもわからないだろうな」

という意味もあるからです。

質疑応答などでこの言葉を使われたときには相手から軽くあしらわれていると思ってもいいでしょう。

まとめ

なにげなく使っている言葉には、その人の心理が隠れているということがわかりましたね。

皆さんも自分がどんな口癖を無意識に使っているか分析して、見直してみるのもいいかもしれません。

以上です。