無駄遣いの原因3選

トランプとお札

こんにちは、こんばんは、ふじたです。

みなさん無駄遣いしてますか?

私はしなくなりました。

ではなぜ人は無駄遣いをしてまうのか。

今回はなぜ無駄遣いをしてしまうのかを、アメリカの記事を参考に見ていきましょう。

↓記事はこちらです
The Ascent from Motley Fool

許容範囲以上の無駄遣いをしている人は75%

落下する硬貨 

ではどのくらい人は無駄遣いしているのでしょうか?

アメリカの記事に調査結果が書かれているので見てみましょう。

個人のお金に関する情報サイトThe Ascent from Motley Fool1015人を対象に、お金の使い方の習慣を調査したところ、月に平均139ドル(約15000円)も無駄遣いしていることがわかりました。

この調査に回答した人の75%が、その人の許容範囲以上の金額を無駄遣いしていると回答しています。(引用元:https://www.lifehacker.jp/2019/05/190971-stop-waste-money.html

結果としては月に平均1万5千円も無駄遣いをしており、調査対象の75%の人は決められた許容範囲以上にお金を使っているそうです。

私は日本に住んでいるので、アメリカの生活費が実際にどのくらい掛かるのかはわかりません。

なので調べました。

1人の場合は15万円くらいで、4人家族(夫婦子供2人)だと60万円くらい掛かるみたいです。

日本と同じで、住む場所などによって違うのでなんとも言えませんが、だいたい上記の値段くらい掛かるそうです。

日本よりは高いですね。

月に1万5千円というのは、金額だけ見ると多いと感じますが、生活費などが日本よりも高いので、それだけお金が掛かるのかと。

でも75%の人が自分の許容範囲を超えてるのは問題だと思いますが、全ての人逹が無駄遣いをやめてしまうと、大きな消費の冷え込みになる可能性があるります

そうなると困ります。

本音では、無駄遣いを減らしたいのでしょう。

ではなぜ無駄遣いをしてしまうのか。

原因は「欲望」にある

ハンバーグを食べる肥満人

人間には自分でコントロールするのがなかなか難しいものがあります。

それは「欲望」です。

そして欲望に負けてしまい買い物をしてしまったり、食べ物を食べてしまったり。

アメリカの調査では、人が消費で無駄だと思ったものには下記のことがあります。

  • 衝動買い
  • 食べ物を残したり、賞味期限を切らしてしまった
  • 飲み物にお金を使いすぎた
  • ファストフードを購入

などといった食費に対して、無駄だと感じていることがほとんどです。

そして無駄遣いの動機としては、以下のことだと言われています。

  • 気分が良くなる
  • 便利だから
  • 本当に欲しかったから

という理由です。

これらの動機で購入してしまい「よくよく考えたらいらないものだった」となります。

これが無駄遣いになるわけです。

確かにお金を使う行為は必要なことですが、できることならば無駄なことにお金を使わないようにして、有意義なことや物にお金を使わなくてはなりません。

そうすることで、無駄を抑えられ貯蓄もできますし、いざお金が必要になった時にお金を使うことができるわけですから。

5つの方法で衝動を抑える

5の置物

食費の計画を立てよう

人間の欲求の1つである「食欲」ですが、飽食な状態に置かれている地域では、支出に影響を及ぼす原因となります。

お金を出せばすぐ食べ物が手に入る状態にあると、お腹が空いていないのにも関わらず、何かを食べたくなります。

それとスーパーやコンビニに行くと、必要でなかったものまでも購入するということがあります。

なのでしっかりと計画を立て、決められた範囲の金額で買い物をすることが大切となります。

あと、作り置きや自炊することで節約ができますね。

欲しい物があったらすぐ買わないで、よく考えてから購入する

パッと目に入った物が欲しくなったりすることがあり、それで衝動買い・・・これは完全に無駄遣いです。

なので一度欲しいと思ったものは、時間を掛け検討してみましょう。

そうすることで、その物が本当に必要なものなのか、いらない物なかがわかるはずです。

もしそれが毎日使ったり、長期にわたり使うものであると判断できたのであれば購入すればいいのです。

使った分は貯金をする

これは、衝動買いなどをして使用した金額分または、金額の何割かを貯金するというものです。

使ったら使った分だけ貯金をすれば、結果だけ見ればお金は減りません。

こうすることで、無駄遣いの抑制につながります。

ルールを守る

衝動買いにおいて最も大切なことは「ルールを作り忠実に守ること」です。

まぁ、ルールを作ったとしても守らなくては意味ないですが・・・。

衝動買いをしない人は、自分にルールを作り忠実に守っている人です。

ストレスを溜めないようにする

最も簡単にストレスを発散する方法に、お金を使うというのがあります。

つまりストレスがあると、衝動買いをすることも増えるということです。

なのでストレスをなるべく溜めないようにする必要がありますし、お金でストレスを発散するということはしないようにしましょう。

まとめ

以上「無駄遣いの原因3選」でした。

確かに「欲」を抑えるのはなかなか苦労すると思います。

ですが、日々習慣化してしまえば問題ありません。

いっぺんに変えようとすると上手くいきませんし、ストレスの原因となるので、少しづつでよいので無駄遣いを減らしていきましょう。

こちらもどうぞ↓

浪費の原因となる7つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA