【1日1〜2食】1年やってみた結果

みなさんこんにちはフジタです。

多くの方が1日3食ご飯を食べているかと思います。

ちなみに私は基本1日1~2食です。その食生活から1年経過したのでその結果をお伝えします。

食費が浮く

まず1~2食分減らしたので当然食費が浮き、食費が浮くことにより他のところにお金を使えたり、貯金に回す事ができました。

自由に使える時間が増えた

当然ながら時間が増えました。

食事をしないことにより、1日30~60分ほど自由に使える時間が増えました。1日では大した時間ではないですが、1年単位で見たらかなりの時間になりますね。

身体の不調が減っていった

私は慢性的な疲労や偏頭痛やら色々持っていました。ですが、食事回数を減らすことにより改善されました。

食事回数減らして、少食にすると健康になるんだな~と実感。

睡眠時間が短くなる

全ての人に当てはまるわけではないと思いますが、私は睡眠時間6時間で十分になりました。

理由はとして、人は食べ物を消化するのにかなりのエネルギーを消費すると言われており、3食の場合およそフルマラソンを走った時と同じくらい位に体力を使うそうです。

食べなければその分の体力を使わなくてすむので、睡眠時間もその分短くて大丈夫だそうです。

食べ物に感謝するようになる

今や日本ではどこでも食べ物が手に入り食に困ることがありませんよね。故に、食べ物に対する感謝の心が薄れてしまったと感じております。

ですが、1日1食にしたりら、食べ物を食べれる事に感謝するようになりました。

良い物を選ぶようになる

1~2食しか食べないので必然的に身体に良い物を選ぶようになりました。添加物を避けるようになり、自然の物を選び食べるようになりました。

慣れないうちはお腹が空く

慣れないうちはお腹が空いたり、フラフラしたり力が入らなかったり、といった症状が出ました。

ですが、一週間もするとその症状もなくなり、朝食を食べなくても大丈夫になりました。

リバウンドをする可能性がある

ダイエット目的で1日1~2食にした場合なのですが、お腹空いたからといって、食事を暴飲暴食にすると確実に太ります。寧ろ逆効果なのでやめましょう。

まとめ

正直、身体にもお金にも自然にもいいことが多いのでオススメですが、体質によっては合わない方もいるかもしれません。

それと好転反応というものが現れることがありますので、もし行う場合は、少しずつ身体を慣らしていってください。

気になる方は試してみてはいかがでしょうか。